Home東北支援活動レポート TOP >第12回東北支援活動レポート

第12回「活動記録」@宮城県南三陸町&気仙沼市+福島県南相馬市

【活動期間】平成25年4月28日~5月03日

【支援車両】

【参加者】

【支援物資&お土産】

 

記録写真

     

放射能で汚染された地域には今も立ち入ることができず、津波で流された跡を片付けていると出てくる古銭に家主の生活を想像しました。   古銭を集めていたおじいちゃんは津波で亡くなっており形見を掘り出すような感覚を感じました。   復興までの道のりはまだまだ遠いようです。

写真1愛媛県提供のボランティアバスで福島請戸海岸で捜索活動に参加

写真2請戸海岸から少し先は立ち入り禁止区域

写真3菜の花畑にして子供たちを遊ばす為にガラス片の撤去

写真4表土が洗い流されて弱々しく花を咲かせたチューリップ

写真5東北に行くたびに立ち寄る自然の家仮設の皆さんと

写真6南相馬市では放射能の影響か津波被害の後片付けもまだ終わっていない

写真7請戸海岸での遺品の捜索活動をする仲間たち

写真8友伸グランド仮設の皆さんと

「東北福幸応援隊-新居浜市民の会」活動レポートの目次ページに戻る