Home >お願い(広報活動)

現在進行中のプロジェクト

東北物産の販売支援!

気仙沼市唐桑町の海で獲れる海産物の販売支援をさせていただいています。詳細は当サイト内専用ページをご覧下さい。

唐桑の海産物「ホタテ・牡蠣・鮭」

『アルバム&写真」支援プロジェクト

津波でアルバムあるいは写真を流された方々が新たな思い出を紡ぐための支援プロジェクトです。ご縁があって私たちと交流がある被災者の方々を中心にアルバム支援、およびその周辺の人たちに対して仮設などを訪問させてもらった際に撮影した写真をプレゼントさせていただいています。ご縁を大切にして、それが新居浜人と東北人の絆へとつながっていけば嬉しく思います。

アルバム制作風景

◎アルバム支援プロジェクトが2012年12月31日の愛媛新聞地方版に掲載されました。記事全体を見るには↓の画像をクリックして下さい。

アルバム支援プロジェクトの新聞記事

まけないぞう大使の応援プロジェクト- タオル & 販売店募集!!-

まけないぞう大使のチラシ

新居浜市民の会が2012年8月に8回目の現地支援で気仙沼市に伺った際、「まけないぞう大使」唐桑チームの方と知り合いました。

タオルを材料に、「まけないぞう」というかわいらしいキャラクター(手拭きや飾りとして使用)を手縫いして作品に仕上げています。

その材料のタオル集めのお手伝いをさせていただいています。

未使用普通サイズ半サイズのタオルであれば,色・柄などは問いません!

■収集場所⇒近藤産業 0897-41-9401

販売店(販売支援をしていただける個人様)も同時募集しています!!

←左の画像をクリックするとチラシ(PDF)をダウンロードできます。

「まけないぞう」プロジェクトとは・・・

阪神淡路大震災の時に神戸で生まれた「まけないぞう」その後、今回の東日本大震災へも引き継がれました。

仮設住宅などで個々別々のくらしを過ごしている被災者のみなさん。ともすれば孤独になりがちな復興までの生活の中で、仕事を通して元気になってもらうこと! 「まけないぞう」は仕事づくりや生きがいづくり、新しい仲間づくり、崩れてしまったコミュニティを再構築することにつながっています。また支援者と被災者・被災地をつなぐ“縁”ができます。

心を伝える「まけないぞう」を応援して下さい。

◎ホームページ:http://dgup.jp/makenaizou/

毛糸募集!

南三陸町の戸倉にある自然の家仮設住宅の「自然の家かあちゃんクラブ」さんが毛糸で編み物作品を作っておられます。その作品作りに、毛糸を必要としています。量・色・種類など何でもけっこですので提供して下さい。こちらで仕分けしてまとめて送ります。

自然の家かあちゃんクラブのメンバー
「東北福幸応援隊-新居浜市民の会」のトップページに戻る