Home交流文集-Top >文集 No.1-第3ページ

●第8回「活動記録」@宮城県気仙沼市+南三陸町家庭菜園再生作業

【活動期間】平成24年8月2日~8月6日

【支援車両】8tトラック1台、バス1台

【参加費】1人2万円(宿泊費2日分を含む)

【参加者】総員14名

【支援物資&お土産】水、毛糸、スイカ・ウリ・野菜(ジャガイモ・人参)、椅子、扇風機など

■8月2日 代表のトラックは一足先に新居浜を出発(午前8時頃)。他のメンバーはIC入り口前と今井邸前でそれぞれバスに乗り込み新居浜を午前11頃に出発。宮城県へ向かう。約20時間かかる予定。

■8月3日 志津川町戸倉(南三陸)で荷下ろし。その後,3班に分かれて畑の再生作業を行う。

薬剤師として働く女性参加者は、作業の途中より仮設住宅集会所で行われた集まりに呼ばれ、薬に関するお話をさせていただく。

作業後,トラック隊(代表と近藤幹夫氏)は歌津町の及川さんご夫婦を訪ねる。

バス隊は,今宵の宿,南三陸袖浜にある民宿「下道荘」に向かう。

■8月4日 伊里前福幸商店街で仙台からの応援隊と合流し、小泉地区に向かう。RQ小泉ボランティアセンターの責任者、西村さんの指示により小泉地区の草刈りを行う。

鎮魂と小泉の再生を願う「1000本のペットボトル灯ろう・鎮魂の火」という納涼夏祭りのためである。

作業終了後、トラック隊は民宿「さかや」さん宅に向かいバス隊は今宵の宿、唐桑半島鮪立(しびたち)にある“唐桑御殿つなかん”に向かう。

トラック隊の到着を待って、“つなかん”で海鮮BBQをいただく。

■8月5日 今日は作業はナシ。トラック隊は半造園地で行われる祭りのお手伝いに早朝より出発。

今井・宝田・中村の3氏は今年5月に畑再生作業を行ったところに挨拶に伺う。

他の参加者は“つなかん”のご主人 菅野さんの船に乗せていただき、湾内の養殖業の復興の様子を見学。

その後はトラック隊がお手伝いに行った国立公園半造園地にイベントに参加。

気仙沼市内の「さかなの駅」で昼食を済ませてから,午後1時半頃に新居浜に向かって出発。

■8月6日 午前8時半,新居浜に到着。午前9時頃に近藤産業にて解散。

「東北福幸応援隊-新居浜市民の会」のトップページに戻る