Home >日々の活動記録

2013年10月の活動記録

◎11月24日:東北支援の物産販売@新居浜イオンモール

イオンモールにて、東北で収穫されたかきなどの販売を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

物産販売201311

◎10月13日:東北応援の準備@新居浜

10月の東北応援に持っていく、枝豆や里芋の収穫作業を実施しました。天気も良く、たくさんの方に参加していただきました。

収穫作業

2013年7月の活動記録

◎7月30日:夏越祭夜市@新居浜登道南商店街

登道南商店街の次井さんのお世話で、夏越祭に出店させていただけることになりました。夜市は午後6時半からですが、広瀬さんをリーダーに飾り付けなどの準備は午前10:00から行いました。みなさん、暑い中お疲れ様でした。

★夏越祭の詳細 ⇒ http://ameblo.jp/e-works4/entry-11578483410.html

夏越祭夜市@新居浜登道南商店街

◎7月24日:支援アルバム作成&文集の編集会議

7月の定例会後、毎週水曜日に複数のプロジェクトを同時進行することに決定。17日(水)は、銀行さんでの写真展の準備と夏越祭出店の準備および文集とアルバムの作業方針を確認。

24日(水)は、文集編集会議の後、アルバム作成作業を行う。両方とも、31日(水)にはほぼ完成形まで持って行ける予定。

2013年6月の活動記録

◎6月26日:フィッタ新居浜における手作り製品販売活動と広報活動

主に仮設住宅に住む被災者の方々の手作り製品(まけないぞう・アームカバー・ストラップ・ペットボトルカバー)の販売支援活動と広報活動(唐桑福幸直送便のお中元セットのチラシ配布)を行いました。

販売支援活動

2013年5月の活動記録

◎4月28日~5月3日:GWを利用した東北ボランティア・バスツアーを行いました。

2013年4月の活動記録

◎4月27日:東北行きの荷物積み込み完了

甘夏柑、筍、お米、玉ねぎ、毛糸、タオルを積み込み、コンテナは唐桑で発泡スチロールの倉庫に活用してもらう予定で積み込み、荷造り完了しました。 昼前には出発して24時間の旅に出ました。

荷物の積み込み完了

◎4月11~17日:東北支援「写真展」

101日に搬入し、11日から始まったイオンモール新居浜における写真展は17日に終了、18日午前中に搬出作業を行い、完結いたしました。

下見に行った際の写真展では、時間帯をかえて3回見に行きましたが、ほとんど来場者がなく、我々の写真展もどうなるものか心配していました。

しかし、関係者の広報やマスコミのおかげも有り、概ね“盛況”と言ってよい状況だったと思います。特に、近所の人や知人へのお誘い、ご家族を通じての案内状の手渡しなど、直接縁のある方への口コミ は大きな成果となったと実感しています。

イオンの営業担当者からも「何回か前を通るたびに覗かせてもらいましたが盛況でしたね」と言ってもらえました。無料でホールを使わせてくれたイオンさん側にも多少なりとも恩返しができたように思います。

ご協力して下さった皆様、お忙しい中ありがとうございました。搬入・搬出のお手伝い並びに当番のお手伝い、お疲れ様でした。

(1)通路側から見たホール入り口の様子

イオン写真展

(2)会場内の様子
来場者の様子をうかがいながら適当なタイミングを見計らって声掛け・説明をさせていただきました。

イオン写真展

(3)会場内の様子
主テーマを写真展示で表現し、被災者の手作り製品などを付随的に紹介させていただきました。

イオン写真展

(4)寄せ書き(メッセージ)
年齢層に関係なく、多くの方が東北を思いメッセージを書いてくれました。最終日までにこの5倍ほどの数になったでしょうか。

イオン写真展

◎4月7日:4月の定例会

いつもは第2日曜日ですが、写真展開催の直前なので本日行いました。

主に写真展の段取りとゴールデンウィーク中の東北ボラン ティアツアーがテーマでした。

イオン写真展の準備

会議の後は、毛糸とタオルの収集箱の制作を女性が中心となって行いました。

イオン写真展の準備

2013年3月の活動記録

◎3月24日:イオン写真展の準備作業

残り3分の2の写真パネル作りを行いました。前回と同じように、写真データをカラーコピー機で印刷し、ラミネート加工をし、必要なものにポップアップを添付して完成させました。

忙しすぎてその過程の写真を取り損ねました。下記の写真はその作業が終わった後の「テーマ・タイトル」作りの風景です。

イオン写真展の準備

◎3月20日:イオン写真展の準備作業

写真データをカラーコピー機で印刷し、ラミネート加工をし、さらに、必要なものにポップアップを添付する作業を“流れ作業”的に行いました。

今日できたのは約3分の1です。残りは24日に行います。

イオン写真展の準備

◎3月17日:八朔の収穫

四国中央市の方からハッサクの提供を受け、17人で収穫作業を行いました。

◎3月10日:第3回定例会

2013年第3回定例会が開かれました。隊長から、3月初旬の物資輸送の報告があり、その後イオンモールならびに伊予銀行さんでの東北復興支援写真展などについて話し合いが行われました。

◎3月1日:東北に支援物資輸送

福島県南相馬市の仮設「有伸グランド」の集会所にてご縁のある方々と歓談中。

2013年2月の活動記録

◎2月24日:野菜の収穫

収穫作業に20人の人が参加してくれ、3班に分かれて晩柑類、ほうれん草、白菜等の野菜の収穫にそれぞれ向かいました。

□参加者の集合写真:老若男女が勢揃いしました。

野菜の収穫作業の参加者

□隣町の西条市でほうれん草の提供を受け摘み取り作業に行きました。

□隣町の旧土居町(四国中央市)で八朔などの提供を受け摘み取り作業に行きました。

□隊長の自家菜園:東北へ行く際のお土産用に栽培しています。

◎2月10日:第2回定例会

2月の定例会を行いました。年間スケジュールの確認を行いながら、現地支援・アルバム制作・文集作成などについて方向性をまとめました。

◎2月5日:NHKの取材とタオル・毛糸の仕分け作業

午前中、近藤産業でNHKテレビの取材を受けました。その後、現在集まっているタオルと毛糸の仕分けをしました。

毛糸・タオル仕分け風景

2013年1月の活動記録

◎1月27日:はまさいフェスティバル

「はまさい」にて、“まけないぞう”と“復興のわ”ストラップの販売支援をさせていただきました。まけないぞうは100個の内80数個が売れ、ストラップの方は70個完売しました。同時に、募金活動にもご協力を賜りました。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。(“まけないぞう”が“頑張るぞう”になっているのはご愛敬ということでご理解下さい。)

◎1月19日:「はまさいフェスティバル」への出店準備

後から来た人も含めて10人ほどが集まりました。後1週間後の27日です。商店街のみなさんが東北の物産を販売されるようです。

我々は「まけないぞう」と「福幸のわ ストラップ」の販売支援をさせていただき、ミニ写真展も行います。

新居浜の方、近辺の方、どうぞお立ち寄り下さい。

はま祭準備風景

◎1月13日:第1回定例会議

■16名が出席し、2013年第1回の定例会を開催

■3月および5月の東北支援旅行の内容の検討

■東北支援グッズの販売方法の検討と1月27日の「はまさい」に出店して販売予定

■募集:柑橘類

第1回定例会議の様子-1

午前10時より2時間ほど、今後の活動に関して報告や話し合いが行われました。情報の共有という意味でもとても意義のある定例会になったと思います。

福島出身で新居浜在住の方も参加して下さり、南相馬市での活動についても話し合いが行われました。しかし、こちらは重い宿題になったような感じです。まだまだ手探り状態ですが、私たちの思いを届けたいという気持ちは確認できたと思います。

第1回定例会議の様子-2

2012年12月の活動記録

◎カレンダー・毛糸・タオルなどの仕分け&荷造り作業

主に仮設入居者の方々に2013年のカレンダー・編み物用の毛糸・タオルなどを送るために仕分け作業を行った後、ダンボール箱に詰めて荷造りをしました。

◎12月17日:アルバム制作仕上げ工程

表紙には杉本さんが題字を描いて下さいました。アルバムの表紙の裏側には藤田さんが描いてくれた水彩画の原画を添えました。写真をレイアウトし、空間をほどよく埋めるように押し花・メッセージを添えたポップアップなどをアレンジして東北を想う私たちの気持ちを込めました。

アルバム制作風景

2012年11月の活動記録

◎11月18日:文化祭の準備集会

販売支援を行う“まけないぞう”の袋詰め作業。購入者へのメッセージを入れています。

角野公民館文化祭前準備集会風景-1

まけないぞう100個完成したところです。

角野公民館文化祭前準備集会風景-1

引き続き、文化祭で開催する写真展の準備作業を行いました。

角野公民館文化祭前準備集会風景-1

作業の後は集会を開きました。今までの活動と今後の活動について報告と説明、意見交換が行われました。

角野公民館文化祭前準備集会風景-1

最後に、24日の文化祭に備えるために打ち合わせを行いました。

角野公民館文化祭前準備集会風景-1

◎11月24日 文化祭当日:角野地区文化祭に出店

写真展・東北の物産(新巻鮭)と手作り作品「まけないぞう」の販売支援として活動を行いました。

角野公民館文化祭-1

吊しているのは本物の鮭です。試食をしていただいて、1本あるいは切り身を買っていただきました。

角野公民館文化祭-2

東北の現状を知っていただくために写真展も同時開催しました。

角野公民館文化祭-3

2012年8~9月の活動記録…文集制作

◎8月26日:文集制作担当者による編集会議

現地支援活動に参加した人の感想文を読み返しながら編集プランを煮詰めています。

文集編集会議-8月

◎9月30日:文集制作担当者による編集会議

この時には文集のサンプルができています。それを見ながら最終チェックをしています。完成した文集は数百部を印刷し支援者などに配布致しました。また、オンライン版も作成して掲載しています。

文集編集会議-8月
「東北福幸応援隊-新居浜市民の会」のトップページに戻る